バリアフリー型トイレリフォームのメリット

健康で若いうちはトイレの広さや使いやすさについて深刻に考える機会はあまりありませんが、年を重ねたり体に障害を持ったりすると、途端に重大な問題としてとらえなければならない場所になります。トイレは人間が生きていく上で不可欠の排せつを行う重要な場所です。さまざまな問題を解決するためにバリアフリー型のトイレリフォームを行う場合には、安全性と利便性を視野に入れた設計が大切になります。

■高齢者の立場になって設計する重要性

高齢化社会の中で家庭が直面する問題の一つにトイレがあります。高齢者や障害者自身だけにとどまらず、介助者の立場になる家族にとっても日常生活で避けて通れない大きな問題です。問題解決の大きな役割を担うのがバリアフリーのトイレリフォームです。
どのようなバリアフリーのトイレリフォームを行うかは、まず高齢者の立場に立って考えることが大事です。足腰に痛みがあったり弱っていたり、自由に動かないといったハンデを抱えている立場で考えると、便座に座って用を足し、立ち上がる一連の動作がスムーズにいくようにするには、トイレを広くしたり便座の高さがちょうどいいように調整することが重要なのだと理解できます。手すりについても、平行移動のためだけでなく、立ったり座ったりする際に補助的機能を持たせる設計も大切です。トイレとそれ以外の居住区間に段差がないようにすることや、扉をスライド式にすることも求められます。

■利便性と安全性を実現する広いトイレ

公共施設や大型商業施設には、高齢者や障害者の方が使いやすいように十分なスペースをとったトイレが増えてきています。自宅においても、安全で使いやすいことを念頭に置いたトイレリフォームをするのであれば、車いすでの利用も可能なぐらいの広さを確保することが推奨されます。一般的なトイレの広さのままで、床面をバリアフリーにしたり手すりをつけても、車いすで利用するとなると、本人も介助者も相当無理をしなければならないからです。建物の構造上、トイレの壁を壊しても問題ないのであれば、思い切ってトイレのスペース拡張をすることで良い結果を生むことがあります。トイレ自体が狭いと介助者が排せつをサポートするのは結構難しいのです。
車いすでも楽々と用が足せる広いトイレは便利です。一連の動作をスムーズに行うには広いほうが断然都合がよいのです。自力で排せつできるのであれば、介助者はトイレ内で見守る立場でサポートし、安全を確認しながら、高齢者に自信を持たせることもできます。このように、トイレのスペース拡張は利便性とともに安全性という観点からも意味があるトイレリフォームです。ただ、トイレを拡張するためには周りの壁を壊す工事が必要ですから、できるだけ短期間で工事が完了するように事前に業者と話し合っておくことが大切です。

■まとめ
さまざまな機能がついた便利な便座が急速に普及し、どんどん進化しています。次のステップは、高度化する便座の機能や利便性を十分実感できるトイレの広さをどう確保するかです。建物の構造上問題がないことを前提に、できるだけ広いスペースを確保するトイレリフォームを行うことで、人間らしい生活の質であるクオリティ・オブ・ライフの向上を図ることができます。たとえ今すぐ必要ではなくても、将来を見据えたトイレリフォームのイメージを描くことは大事です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ